東海3県(愛知・岐阜・三重) 名古屋市 日進市 みよし市 豊田市 瀬戸市 春日井市 小牧市 長久手町の家屋建物解体はホリケンにお任せ下さい!
 
   
   解体工事の流れは下記です。
 1.現場調査
 2.見積書の確認
 3.契約書の作成・確認
 4.建設リサイクル法における事前届出
 5.近隣あいさつ
 6.引き込み配管、配線の撤去の手配
 7.足場養生の組立
 8.工作物等の撤去
 9.重機の搬入
10.建物本体の解体
11.廃材の分別・収集
12.処分場受け入れ
13.地中障害物の確認
14.整地・工事完了
15.重機搬出
16.工事完了
1.現場調査
解体物件と周辺地域の調査を行います。
現地調査の内容は、主に以下のとおりです。

・建物の延べ床面積
・建物の構造
・外構、植栽の有無
・乗り入れ可能なトラック
・養生シートの種類、面積等

ページトップへ
2.見積書の確認
現場調査に基づいて見積書を作成します。

※解体工事を進めていき地中から障害物が出てきたときには、別途経費がかかる事になります。地中の障害物とは、建物の地中に埋没しているコンクリートブロックや浄化槽等のことをいいます(地中障害物は別途と記載します)

ページトップへ
3.ご契約書の作成及び確認
   お見積書に基づき契約書の作成及び確認

ページトップへ
   4.建設リサイクル法における事前届出
解体建物の延床面積が80uを超える場合、建設リサイクル法における事前届出が義務付けられています。書類作成、届出は弊社にて行います。

ページトップへ
5.近隣挨拶
実際に解体工事が始まれば、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けすることになります。解体工事を円滑に進めるため、弊社担当者が近隣の皆様にご挨拶・説明をし、ご納得頂き円滑に工事を行えるようにします。

ページトップへ
6.引き込み配管、配線の撤去の手配
ガス、電気などがつながったまま工事行うと大変危険です。そのため、ガス・電気・電話の引き込み配管、配線の撤去の手配をお願い致します。手配後、専門の業者により撤去を行います。
水道は、工事防塵のために使用致しますので、工事後に閉栓手配お願い致します。

ページトップへ
7.足場養生の組み立て
解体工事は、高所での作業が伴うため、まず足場養生の組立を行います。その際、シートや防音シートをかけ、騒音やホコリを防ぎ、近隣の方への迷惑を最小限に抑えます。

ページトップへ
8.工作物等の撤去
建物本体から手作業で撤去できるもの(窓ガラス・サッシ・畳・瓦・建具・石膏ボード・住宅設備機器・断熱材・不用品[タンス・ベッド等])を撤去します。

ページトップへ
9.重機の搬入
周辺の皆様へのご迷惑にならないよう、丁寧に重機が搬入されます。

ページトップへ
10.建物本体の解体
壁、屋根、梁、柱などが残った上屋を解体し、基礎を掘り起し撤去していきます。ここでは、防塵のため水をまきながらの作業となります。

ページトップへ
11.廃材の分別・収集
現場で廃材を木材、鉄、プラスチック、コンクリート片など分別を行います。分別解体に基づき、手や機械を使いながら分けていきます。

ページトップへ
12.処分場受け入れ
産業廃棄物の処分場に分別した産廃を運搬します。
※その際マニフェスト伝票を作成します。これは産業廃棄物がきちんと処理されたかを書類にしたもので、不法投棄を防ぐために大変重要な書類です。

ページトップへ
  13.地中障害物の確認
解体終了後、廃材が地中に残ったりしていないか、その下にコンクリートが入っていないか、確認します。

ページトップへ
14.整地・工事完了
地面を平らに整地します。駐車場にする場合は砕石などを敷いたり、アスファルト舗装を施します。

ページトップへ
15.重機搬出
重機を搬出、回送します。周辺の皆様へのご迷惑にならないよう、丁寧に重機が搬出されます。

ページトップへ
16.工事完了
可能であれば残存物がないかどうか立会、確認下さい。

ページトップへ
  解体工事についてよくある質問や相談などをQ&Aとしてまとめてみました。
豪参考にして下さい。
Q.近隣へのあいさつはしてもらえますか?
A.もちろんです。弊社だけでも近隣にお住まいの方へのあいさつはいたしますが、お客様にもしていただければ、なおよいと思います。

Q.不用品は処分してもらえますか?
A.処分致します。ただ、産業廃棄物扱いになりますので、費用は割高になります。お客様ご自身で処分頂く方が費用はお安くなります。詳しくはご相談下さい。

Q.庭石や植木なども処分していただけますか?
A.処分いたします。移設の場合は、専門業者へご依頼ください。
造園業者をご存知ない場合は、弊社で手配致します。ご相談下さい。

Q.神仏はどうすればいいですか?
A.神棚の場合、神主さんにお祓い、お引き取りして頂く事をお勧め致します。
また、仏壇はお坊さんに魂抜きをして頂いて下さい。

Q.家屋を解体する際に、神事は行うのでしょうか?井戸がある場合はどうすればいいでしょうか?
A.今まで住んでいた家を壊すのですから、お祓いをして頂く方が多いようです。
井戸については残す事も撤去する事も可能です。ご相談下さい。
撤去される場合は、お祓いをして頂いた方がよいでしょう。

Q.隣家と密接しているのですが、解体はできますか?
A.大丈夫です、場合によっては手壊しにより解体します。

Q.隣接道路がせまいのですが、解体はできますか?
A.工事車両や重機が入れない場合には手作業にて解体を行います。出来るだけ効率的な解体工事プランをご提示いたしますのでご相談下さい。

Q.解体工事後はきれいに整地してもらえますか?
A.現場の土を使いきれいに整地します。
ご要望があれば、アスファルト舗装、砕石敷き、盛土、掘削など別途料金にて承ります。ご相談下さい。

Q.工事中に事故が起きた場合の補償などありますか?
A.万が一、解体工事中隣家に解体物が落ちて物損があった場合は、弊社が加入している工事賠償保険で対応させていただきます。

Q.解体工事にあたり、ガスや水道・電気などどうすればいいですか?
A.それぞれ管轄の管理会社へご連絡をお願い致します。
・浄水槽の汲み取り
・電話移設
・電気引き込み線の撤去
・都市ガスやLPガスの撤去
・水道の閉栓

※ 水道は解体工事中にほこりがたたないように水撒きに使用しますので、工事後に精算お願いします。

ページトップへ
社名 有限会社ホリケン
所在地 日進市梅森町新田152
TEL 052−804−8691
FAX 052−804−8692
創業 2000年1月
会社設立 2004年1月6日
資本金 300万円
代表者 代表取締役 堀川健司
従業員数  10名(パート・アルバイト含む)
取引銀行 愛知銀行高針支店
事業内容 建物解体工事
建設業許可 愛知県知事 (般-22) 第62715号
収集運搬許可 第121402号
ページトップへ

大きな地図で見る
ページトップへ
 |ホーム業務案内会社概要よくある質問お問合せ所在地
Copyright(c) HORIKEN,All right Reserved
総合建物解体工事
有限会社ホリケン
〒470-0132 愛知県日進市梅森町新田152
Phone:(052)804-8691 FAX:(052)804-8692